人気提案 NEWモデル】【数量限定モデル】SMITH 【18-19 〔スミス Split〕【スペアレンズ付】【送料無料】 7〔アイオーセブン〕〔Thunder スキーゴーグル〕<2019>I/O-ゴーグル



SMITH スミス スキーゴーグル

■I/O 7〔アイオーセブン〕〔Thunder Split〕

【フレームカラー:レンズ/スペアレンズ】
Thunder Split:Photochromic Rose Flash【調光】/Clear

パーフェクトなフィットと究極のパフォーマンスのI/O7。上部のメタルを回転させ瞬時にレンズを交換できるピボットシステム。ヘルメットとのフィットを追求した2段階回転軸のアウトリガーシステム。フィットを考え尽くしたフレーム角度、曲がり、フェースフォームの厚さ。レンズは世界最高峰のクロマポップwith 5Xアンチフォグを採用。ファッション性だけを追求した重量オーバーのゴーグルとは根本的に違う。機能をシンプルに軽量化した形が、I/O7。クロマポップレンズとクリアレンズを標準装備。

【サイズ】
ミディアムフィット

【VISION+FIT】
・晴天用と曇天用のクロマポップレンズ標準装備
(調光モデルはクロマポップ調光とクリアレンズの2枚、I/O7はクロマポップとクリアレンズの2枚)
・サーマルフォジット・ガスケットを採用
アウター&インナーレンズをエンデュラロック・グルーで圧着
・TLTレンズテクノロジー(歪みのないクリアな視界)
・特許を持つポレックスフィルター(2枚レンズの中に空気だけを通し水を通さない構造)を装備
・金型成形のポリカーボネイト素材の、球面カーボニックXレンズ採用
・5Xアンチフォグ・インナーレンズ(水蒸気をインナーレンズ内部にとじ込め曇りの原因を抑える。通常のSMITHフォグX・インナーレンズの5倍の曇り防止機能がある)
・クイックリリース・レンズチェンジシステム(CHANGE IS EASY)
・3レイヤー DriWix フェースフォーム
・ヘルメットとの最高なインテグレーション(可変式アウトリガー・ポジション・システム装備)

【POREX TECHNOLOGY】
・世界No.1のレンズ技術の頂点であるポレックスフィルターを装備。水の分子を通さず、空気だけを通過させる特殊素材でレンズの剥がれとレンズ内の曇りを根本から解決します。2枚のレンズは通常の超高密度スペーサーフォームで圧着。SMITHは常にレンズテクノロジーをリードし、業界のスタンダードを確立します。サングラス用レンズと変わらないポリカーボネートレンズを一枚一枚金型成形。表面の傷への耐久性、衝撃強度、透明度、コントラストの再現力に優れます。“見える”レンズのための品質です。

【AND MORE】
・レスポンシブ・フィット・フレームデザイン
・ウルトラワイド・ストラップ(ズレ防止の裏側シリコン加工)
・クイック・バックルシステム(素早い脱着が可能なクリップバックル採用)
・マイクロファイバー素材ゴーグルバック(スペアレンズ用スリープ付き)付属
記事全文

人気提案 NEWモデル】【数量限定モデル】SMITH 【18-19 〔スミス Split〕【スペアレンズ付】【送料無料】 7〔アイオーセブン〕〔Thunder スキーゴーグル〕<2019>I/O-ゴーグル

優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

《送料無料(一部離島など除く)》FOX(フォックス) ウォーリアー S 42インチ ランディングネット。[さらに詳しく

人気提案 NEWモデル】【数量限定モデル】SMITH 【18-19 〔スミス Split〕【スペアレンズ付】【送料無料】 7〔アイオーセブン〕〔Thunder スキーゴーグル〕<2019>I/O-ゴーグル

ergon(エルゴン) BE1 エンデューロ[バックパック][身につける・持ち歩く]記事全文

人気提案 NEWモデル】【数量限定モデル】SMITH 【18-19 〔スミス Split〕【スペアレンズ付】【送料無料】 7〔アイオーセブン〕〔Thunder スキーゴーグル〕<2019>I/O-ゴーグル

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

人気提案 NEWモデル】【数量限定モデル】SMITH 【18-19 〔スミス Split〕【スペアレンズ付】【送料無料】 7〔アイオーセブン〕〔Thunder スキーゴーグル〕<2019>I/O-ゴーグル

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文