【超ポイント祭?期間限定】 【生涯保証】Staub ブラック 16cm Mサイズ ゴハン デ ココット ラ-両手鍋








●当店のストウブ商品は日本正規品ですので贈り物にも安心。鉄鋳物製品は【生涯保証】付き●
当店では豊富な知識のキッチン用品専門のスタッフがしっかり検品してから出荷しております。


材質鋳鉄(ほうろう加工)
サイズΦ160(約2合サイズ)
容量1.8L
生産国フランス
仕様直火・IH電磁調理器・ハロゲン・食洗機などほぼあらゆる熱源に対応。
(※鉄製ですので電子レンジは使用不可)
国内正規品【日本国内正規品】
『Life Time Warranty・生涯保証』付

【生涯保証とは?】
ストウブは自社の鋳物製品に生涯保証をつけています。
この保証はお客様がご購入、ご贈答にかかわらず、国内正規ルートで製品を入手された場合に適用されます。
ただし外側のエマイユ(ホーロー)加工や、内側の黒マットエマイユ加工部分は保証対象外となります。
取り扱い説明書にしたがった正常な上代において不具合が発生した場合、同じ製品と交換いたします。
万一、当該製品が品切れや廃盤の場合、同等品と交換させていただくことがありますのでご了承ください。
保証内容は製品の交換を限度とし、それを超えないものとします。
詳しくは、ご購入後に保証内容をご確認ください。

輸入元ツヴィリング J.A ヘンケルスジャパン株式会社
(Tell 0120-75-7155)

商品説明*IH /食器洗浄機/オーブン対応

【ポイント!!】もっとおいしいごはんが炊けるココットを!と新しく開発された究極のココット「La Cocotte de GOHAN ラ・ココット de GOHAN」は、高い蓄熱性を誇る羽釜のカタチをした鋳物ホーロー鍋。・炊飯時の対流を考慮した丸みのあるフォルムに、蓋の裏にはシステラを取り入れたことで、熱をむらなく全体に回し、お米を一気に炊きあげます。・ふっくらツヤツヤに、1合から米粒が立った絶品ごはんを炊くことが可能です。・またココット同様に、様々な料理にも大活躍します。おいしい炊きたてごはんを手軽に毎日の食卓へ。・ストウブの「La Cocotte de GOHAN」で日本の食文化がよみがえります。

・システラ:蓋の内側にある「システラ」と呼ばれる突起が、加熱した時に食材から出る蒸気をとらえ、水滴に変え、再度食材に降り注ぎます。
・エマイユ(ホーロー)加工:ガラスを原料とするエマイユは食材の酸にも強く、長時間使用しても臭い移りしません。ストウブのエマイユ加工は耐久性に優れています。
・ノブ(つまみ):高温に対応したノブは、オーブン調理も可能です。(※250℃まで対応) 素材は真鍮(ブラック)または、ニッケル(ブラック以外の色)になります。
・鍋底:滑らかな底面は全ての熱源で使用できます。ガスの直火、オーブンはもちろんIH(100V、200V)にも対応しています。(※電子レンジは使用不可)
・黒マットエマイユ加工:内部はストウブ独自のザラザラ加工。細かな凹凸によって表面積が増えるため油なじみがよく、食材の接点が少なくなり焦げ付きにくくなります。 更に熱伝導・保温性が高くテーブルにそのまま出しても温かいまま料理を楽しめます。

【ご確認ください】
ストウブの製品はひとつひとつ手作りです。
蓋や取手のロゴ刻印の濃淡、色むらや黒点、くぼみや気泡、突起。蓋や鍋ふちに製造工程上できる『欠け』のように見える部分などがある場合がございますが、あくまでも手作りの個体差であり品質を損なうものではありません。
商品は豊富な知識を持った専門のスタッフが不具合はもちろん、手作りの個体差についてまでよく検品し出荷しております。




記事全文

【超ポイント祭?期間限定】 【生涯保証】Staub ブラック 16cm Mサイズ ゴハン デ ココット ラ-両手鍋

優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

マイスター IH寸胴鍋 30cm 【厨房館】。[さらに詳しく

【超ポイント祭?期間限定】 【生涯保証】Staub ブラック 16cm Mサイズ ゴハン デ ココット ラ-両手鍋

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

【超ポイント祭?期間限定】 【生涯保証】Staub ブラック 16cm Mサイズ ゴハン デ ココット ラ-両手鍋

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文